現在、多く病名を聞くようになった発達障害。これは子供だけでは無く大人にも関係します。気付かずに大人になって社会に出た際に苦しんでしまう…という人も少なくはありません。

その発達障害の一つ「ADHD(注意欠如多動性障害)」

 この症状の所為でバイトを始めたのは良いけど苦しむ事になる、続けられないという事が多いと聞きます。

 働く上で不注意や落ち着きが無いというのは苦労しますからね。酷い意見では「バイトすら出来ない」という言葉もありました。

 ですが、まったく出来ないという事は無いと思います。物事には向き不向きがあるように不向きは多いかもしれませんがその人の「向いている」事が少なからずあります。

 今回はいつまでもバイトに馴染めず「できない」と苦しんでいる、「できない」と始める事に躊躇している人の参考に微力ながら出来ればと…症状や向き、不向きについて考えて行こうと思います。

 それではどうぞ宜しくお願い致します。

ADHD(注意欠如多動性障害)って?

どうしても注意力が欠ける、落ち着きが無い、そして相手の失礼は考えずに思った事をそのまま声に出してしまう事は子供の頃は多くあると思います。

 ですが、そういった不注意、多動性、衝動性は子供から大人になるにつれて自身で対策し改善していくものです。

「ADHD」はそれらが改善しないまま大人になりうまく生活する事が出来ずに苦しんでしまう病気です。

大人になって突然発症するというよりは子供の頃から大人しく出来ない、相手がモノを全部しゃべる前に自分の言葉をしゃべる等々なんらかの症状があり、それに気付かないまま大人になるというパターンが多いそうです。

 大人しく出来ない、相手がしゃべりきる前に…というのは落ち着きのない子供によくある事ですしかといってそういう子全てが該当という訳でもありませんからね…難しい事です。

 大人になってからのADHDの症状の特徴はというと…

・貧乏ゆすり、目的の無い動き、落ち着かないという「多動性」

・思った事をすぐに口に出してしまう、衝動的に買い物をしてしまう「衝動性」

・忘れ物、無くし物が多く時間管理が苦手、一連の作業が順を追って出来ない「不注意」

…以上が上げられます。

 特に困る症状がある場合は専門の医師に相談するのが良いです。伝え方が解らないという場合も上の言葉で説明すれば専門のお医者さんに伝わります。

 

 これらの症状だからと言って必ずADHDという訳ではありません。ADHDと似た症状の障害は他にもあります。

 他の障害や病気で無い事を確認する為にも専門の医師の診断は受けてみるのが良いです。

どういうバイトが良い?

ではどういうバイトが良いのか…どんなバイトがちょっと難しいのかを見て行きましょう

●これは向いていない事

 バイトの定番と言える「コンビニ」や「飲食店のホール」等は覚える事が多い上に作業の迅速さも求められる場合が多いです。

 レジや商品陳列等々でも作業要領と正確さが求められ更に時間に追われる仕事なので同僚や上司から失敗の度に怒られ劣等感を抱く場合も多くあります。

 それにより鬱になってしまう事も少なくないです。

 販売系や飲食店の接客アルバイトは対人関係も多く作業の迅速さも求められる場合の多いですし、その作業で覚える事も多いのでADHDの人には基本的にあまり向いていない業種となっています。

 対人関係の上で成り立つ仕事はどうしても作業の他に周りからの急かしが入りますからね。これで慌ててしまい更に失敗と言う悪循環に繋がる事も正直多いでしょう。

 短期間募集のアルバイトも作業の効率の良さや迅速さを求められる事が多いので日雇いの仕事や派遣等の毎回仕事が変わるような職種も避けた方が良いかもしれません。

 モノにもよりますがね。

●これは向いている事

 ADHDでも個人差が有ります。他の人とコミュニケーションが取れる人ならば接客業も向いている場合もあります。

 本屋等の忙しい時間帯があまりなく、職場でフォローをしてくれる、ゆっくり教えてくれる等々の場所であれば大丈夫でしょう。

 コミュニケーションが苦手な人ですと対人関係が少ない仕事を選ぶのが無難でしょうね。

 迅速に動く事が難しいという人はゆっくりでも自分のペースで作業出来るバイトを選ぶのが良いでしょう。先にもいいましたが同じADHDでも個人差があるので苦手な事やミスし易い事を上げてみてから自身にあったバイトを捜すのが良いでしょう。

 同じ工場のバイトでも流れ作業の所だとうまくいかなかったけれども、自分の持ち仕事を与えられそれを自分のペースでこなす工場のバイトであればうまくいく…という例もありますしね。

 ADHDの人は自身の感性でモノを作成できるデザイナーや黙々と自分のペースで作業が出来るプログラマーが向いているという場合も多いです。

 そういった仕事に将来付く事を前提にアルバイトを捜してみるのも良いですね。

できないとは思わない為にも

 この記事を書くにあたり、圧倒的に足りないかもしれませんが体験談や症状等を読みました。

 接客業や迅速さを求められる仕事は向いていないという声はやはり多かったです。これはADHDの人で無くとも苦手という人は少なくないと思います。

 私も正直そういった迅速さを求められる仕事は得意ではありません。

 

 自分がうまく出来ない事やミスした事怒られた事を書きだしそれをしなくて良い仕事やそれ自体が無い仕事を選べば頑張る事は出来ると思います。

 

 アルバイトは社員やパートに比べて責任は少ない従業員です(全く無い訳ではありません)。様々なバイトを経験して、最終的に自分に合う仕事、理解をしてくれる職場を捜すというのも手だと思います。

※モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】

 あまり無責任な事は言えませんが、それでも「バイトすらできない」事は無いです。むしろフリーランスで活躍している人もしっかりといらっしゃるので選択肢は見え辛いですが沢山ある筈です。

バイトすらできない?…筈はない!!私達にあったアルバイト探しまとめ

・ADHDは注意力が欠ける、落ち着きが無い衝動的な行動をする等の発達障害

・迅速さが求められる職種は向いていない

・「バイトすらできない」ことは無い

…以上です。

 自身がその症状を解っている人もいれば、症状に気付かずに今も苦労している人、別の症状を抱えている人と様々です。

 あまり偉そうな事は言え(書け)ませんが。「何もできない」事は無いと思います。

関連記事:アルバイトを始めようと思っている方へ!求人サイトを比較してみた!

お勧めのアルバイト求人サイト2選!

色々な求人サイトがありますが やっぱりお祝い金をゲット出来るのはありがたいですね!^^
アルバイトEX

今のところ、採用が決まった方に3万円を支給するキャンペーンをしています。

ただ求人を見つけるだけでなく、お祝い金までもらえたら嬉しいですよね。

いくつもの求人サイトを集約したサイトなので、求人数がとても多く探したいバイトが見つかりやすいと思います。

ここでのお祝い金をもらうには会員登録をする必要があるので注意してください。

※応募はこちらから!お祝い金がもらえる求人サイト【アルバイトEX】


マッハバイト

ここでの求人で採用が決まった場合、5千円~1万円のお祝い金が支給されます。

マッハバイトは求人数が多いのですが、お祝い金がもらえるためか人気が高いバイトに関しては応募が殺到するようです。

良いバイトを見つけたら、早いめに検討して応募することをおすすめします。

※応募はコチラから!→採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】

こちらの記事も読まれています