定番のアルバイトの一つであるスーパー、コンビニ等々、商品を発注、入荷、そして販売する店員アルバイト、こちらのアルバイト経験をした人は多いと思います。

では、その発注、入荷する以前はどのような工程で集められ、各店に届けられるのでしょう?

アルバイトは様々な職種があります。

勿論、各店舗に届けられる商品を集め、送る仕事もあります。

 

今回は、そんな定番アルバイトの一歩前工程ともいえるアルバイト「ピッキング」について見ていきたいと思います。

どんな仕事か?大変かどうなのか?等々を見ていければ良いと思いますのでお付き合い頂けると嬉しいです。

 

 

ピッキングってどんな仕事?

 

ピッキングとは、簡単に言うと、倉庫や工場にある商品を取引先からの伝票や指示書に従って集めてくる仕事です。

これだけだとちょっと解るような解り辛いような感じですが…

 

コンビニやスーパー等の商品を販売する仕事をした経験がある方は多いと思いますが…店で販売する商品はまず、商品を取引先の工場や仕入れ業者に欲しい商品と数を発注し、その注文が確定したら後日店舗に希望商品と欲しい数がまとめられて来ます。

この、発注した商品と希望数を工場や倉庫から捜し発送できるようにまとめる仕事が「ピッキング」になります(これも結構ザックリな説明ですが…)

 

アルバイト求人で「ピッキング作業」と書いてある場合、入荷や出荷作業に伴う「仕分け」「検品」「梱包」とセットでの業務が一般的です。

この3つの業務は後ほど説明いたしますが…

 

企業や取扱の商品によってピッキングの方法も変わって来ますが大体このような感じです。

 

 

ピッキングの種類

 

ピッキング作業には2種類あります。まずは…

 

  • 倉庫ピッキング(摘み取り式とも言う)

自分の足で倉庫を歩き伝票や指示された商品を捜し集める方法

こちらは出荷先が多く多種多様の商品を出荷する場合に多いピッキング方法です。

食品から日用品等々を扱うスーパー等が出荷先の場合はこちらの方法で集めているのでしょうね。

 

  • 種まき方式

こちらはベルトコンベアから流れてくる箱や木箱に指定された商品を入れる方法になります。

倉庫ピッキングとは逆で出荷先が少なく出荷数が多い場合はこちらの方法でピッキング作業をします。

専門店や物作りの原料が必要な取引先を相手にする場合はこちらなのでは…と思います。

 

 

作業の流れは?

 

 

さて、ピッキングですが…指示された商品を集めるだけ…というわけでは当然ありませんね。

先程述べた「仕分け」「検品」「梱包」も合わさり「ピッキング作業」となります。

では、作業の流れを調べてみましょう。

 

倉庫ピッキングでも種まき方式でも商品を出荷する為の準備が必要ですね。

どの商品が必要か、何処に配送するのか?

そして配送する方面や種類はどうなのか?

という事を細かく分ける工程があります。これが「仕分け作業」になります。

この仕分け作業でどの商品をどれ位ほしいかという事が解り、商品をピッキング作業で集めてきます。

 

そして、ピッキングで集められた商品が正しいかのチェックをする工程が「検品」です

伝票や指示所の通りの商品、数に誤りが無いかを厳しく確認します。

ここで、数や商品に間違いがあり。そのまま次の工程「梱包」に進み更に出荷までしてしまったら誤発送になってしまうので結構責任のある重要なポジションになります。

 

検品で間違いが無いと解りいよいよ商品を出荷します。

その商品達をサイズに合わせた箱等に入れるのが「梱包」になります。

瀬戸物等々移動中に破損、傷が付く危険のある商品には緩和剤等で包んで保護する作業も行います。

 

商品を集めた後、これらの作業を経て出荷となります。

 

ピッキング作業としてアルバイトに入った場合はピッキング、検品、梱包といずれかのポジションに配置されますので希望のポジションだと嬉しいですね。

 

 

同じでも向き不向き??

 

ピッキング作業は検品以外の工程は商品を集める、梱包するというどちらかと言うと単純作業を延々とする職種になります。

では、このアルバイトのメリットとデメリットを簡単に見ていきたいと思います。

 

ピッキング作業は倉庫から指示された商品とその数を捜し集めるのですが、倉庫内を歩きまわる事になりますね。

広い倉庫ですと場所等を把握する、商品を見付けるという事が重要になりますのでココで向き、不向きが出てしまうと感じています。

見付けるのが上手い人ならば楽しい作業ですが私は逆で見付けるのが苦手ですので大変だと感じました。

ですが、自分の足で商品を捜し見付けだした時の達成感や体を動かすという事で良い運動にもなりますので善し悪しですね。

 

ピッキング作業は一人がどれくらいの数をこなさないといけないというノルマは無い場合が多いです(ある現場も有りますが)

更に、基本は一人で黙々と作業を行うので自分のペースで仕事が出来ます。

 

ピッキングは派遣会社からの求人が多い為、本業と言う寄りは副業として働きたい日に入る…という事が出来ます。

時給の相場は東京都ならば900円~1100円前後と一般的な額です。

倉庫で商品を捜すのが苦にならない(むしろ楽しい)という人には向いているアルバイトでは無いでしょうか?

逆に何処に何があるか分かららない状態は無理という人には向いていませんね(私には向いていない)

 

結構人によってメリットデメリットが変って来る職ですね。

同じ現場でも楽しいと感じる人もいればきつい…と感じてしまう人も多いといった感じです。

 

それでもやってみないと解らない点がありますし、決して特殊技能が必要な職種では無いので興味があればやってみるのも良いですね。

 

 

まとめ

ピッキング作業は単純作業、そして、自分のペースで働けるアルバイトですので不安な点(倉庫を歩きまわり商品を捜す、その後の検品で間違いを見つけられる)をクリア出来れば割りの良いアルバイトの一つです。

作業として説明しましたが…ピッキング一つとっても食品や日用雑貨、スポーツ用品…と様々な商品ジャンルがある様に、ピッキングにも種類があります。

ですので、好きなジャンル(雑貨なら雑貨、輸入食品なら輸入食品)のピッキング作業の求人から捜してみると楽しいのでは…と思います。

 

ここまでお付き合い頂きありがとうございました!!

関連記事:アルバイトを始めようと思っている方へ!求人サイトを比較してみた!

お勧めのアルバイト求人サイト2選!

色々な求人サイトがありますが やっぱりお祝い金をゲット出来るのはありがたいですね!^^
アルバイトEX

今のところ、採用が決まった方に3万円を支給するキャンペーンをしています。

ただ求人を見つけるだけでなく、お祝い金までもらえたら嬉しいですよね。

いくつもの求人サイトを集約したサイトなので、求人数がとても多く探したいバイトが見つかりやすいと思います。

ここでのお祝い金をもらうには会員登録をする必要があるので注意してください。

※応募はこちらから!お祝い金がもらえる求人サイト【アルバイトEX】


マッハバイト

ここでの求人で採用が決まった場合、5千円~1万円のお祝い金が支給されます。

マッハバイトは求人数が多いのですが、お祝い金がもらえるためか人気が高いバイトに関しては応募が殺到するようです。

良いバイトを見つけたら、早いめに検討して応募することをおすすめします。

※応募はコチラから!→採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】

こちらの記事も読まれています